Longing from afar

Longing from afarは、世界各地が新型コロナによるロックダウンの最中、ロンドン在住の作曲家藤倉大氏によって発表され、東京の音楽家やアメリカのオーケストラらの自発的な取り組みによって、リモートアンサンブルが次々と実現しました。

この曲は、インターネット通信環境で起こる遅延や機材の性能差などのリスクを逆手にとって、演奏者の自由な音の交信を促し音楽化することを意図します。実は、このような主体性を重んずる表現は、指揮者を介さずに演奏するオーケストラ=雅楽のスタイルに通じます。

この作品では、IT技術により遠隔地を結ぶのみならず、古代と現代という千年の時空を超えて、音楽の生命力を共有します。

アートにエールを!
https://cheerforart.jp/detail/4034
藤倉大 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=QhSabnoMa-A&t=59s

演奏 雅楽【星筐の会】
笙:東野珠実(主宰) 北村茉莉子
篳篥:中村仁美
大篳篥:鈴木絵理
龍笛:角田眞美 〆野護元
琵琶:中田太三
箏:野田美香
鞨鼓:八木千暁

作曲・映像編集:藤倉 大


other projects


東野珠実新作初演 ボンクリスペシャルコンサート

Longing from afar

星筐~循環する四季の庭

ブルガリアン・ヴォイス アンジェリーテ共演

湘南台の星筐

千座の星筐2017

もの・音・あそぶ

真夏の夜の星筐